• ホーム
  • 活動の目的
  • 参加企業
  • 活動の成果
  • お問い合わせ

新着情報

新着情報

  • 2017年2月1日 ソニー株式会社から、SI8000学会出展予定のお知らせ 第8回日本安全性薬理研究会学術年会 会期:2017年2月10~11日
    会場:東京大学弥生講堂(ソニーブース:1F会議室内)
    第81回日本循環器学会学術集会 会期:2017年3月17~19日
    会場:石川県立音楽堂他
    SOT 56th Annual Meeting and ToxExpo 会期:2017年3月12~16日
    会場:Baltimore,Maryland (ソニーブース#507)
  • 2016年8月16日 ソニーセルモーションイメージングシステムSI8000の最新出展情報。

    ■2016 Safety Pharmacology Society学術総会(バンクーバー、
     カナダ)
    (SPS/JSPS/CSPT合同年会)
    2016年9月18日~9月21日
    http://www.safetypharmacology.org/am2016/
    弊社ブース:Vancouver Convention Center #405
  • 2016年5月17日 株式会社リプロセルからのご案内があります。

    お問い合わせ先に関しましては、下記に直接お願いします。
    株式会社 リプロセル
    営業・マーケティング部 本田
    mail : makoto.honda@reprocell.com
    Tel : 045-475-3887

    この度、株式会社リプロセルはスコットランド国際開発庁と共催にて、
    創薬研究・開発シンポジウム
    『Translational Human Tissue Research in Preclinical Drug Discovery』
    を主催いたします。日本およびスコットランドより

    杉山 雄一 先生(国立研究開発法人 理化学研究所)
    横井 毅 先生(名古屋大学大学院医学系研究科)
    David Bunton Ph.D.(Biopta Ltd.)

    上記3名の先生をゲストスピーカーに迎え、実験動物を用いた基礎研究からヒト組織を用いた各種アッセイの有用性をご紹介し、幅広い観点から新規薬開発への利用についてご講演いただき、講演後には懇親会を企画しておりますので、みなさまぜひ奮ってご参加ください。

    【日 時】
    2016年6月3日(金)14:00~18:30
    ※ 受付開始:13:30~
    ※ 懇親会 : 17:00~18:30(お食事をご用意しております)

    【参加費】
     無料

    【会 場】
     ビジョンセンター東京 中央区八重洲2-3-14
     ケイアイ興産東京ビル5F Vision Hall

    【演 題】
    ●ヒト組織を用いたin vitro データを基に薬物動態特性・毒性を予測する;
    PBPKモデルおよびクリアランス概念の利用
    杉山 雄一 先生(国立研究開発法人 理化学研究所)

    ●ヒトPBMCを活用したアシルグルクロニドの毒性評価研究
    横井 毅 先生(名古屋大学大学院医学系研究科)

    ●Functional human tissue assays“de-risk”drug development
    David Bunton Ph.D.(Biopta Ltd.)

    シンポジウム詳細・お申し込み方法については下のURLよりお願いします。
    https://www.reprocell.com/thtrpdd
  • 2016年3月14日 ソニー株式会社からソニーセルモーションイメージングシステムSI8000の学会出展情報があります。

    ■第15回日本再生医療学会総会@大阪国際会議場
    2016年3月17日~19日
    http://www2.convention.co.jp/15jsrm/
    弊社ブース:69(3F)

    ~ランチョンセミナーを開催いたします~

    ■肥大型心筋症特異的iPS細胞を用いた病態解明と臨床応用への展望
    2016年3月17日12:10~13:00
    第10会場 Room1202
    座長:山下潤先生(京都大学iPS細胞研究所増殖分化機構研究部門)
    演者:湯浅慎介先生(慶応大学医学部循環器内科)
  • 2016年2月19日 スコットランド国際開発庁からのご紹介
  • 2016年2月1日 日本医療研究開発機構(AMED)
    レギュラトリーサイエンス公開シンポジウムで、CSAHiの取り組みを紹介します
  • 2016年1月14日 ソニー株式会社からソニーセルモーションイメージングシステムSI8000の学会出展情報があります。

    ■第5回 Society for Laboratory Automation and Screening Annual Meeting(SLAS2016)@サンディエゴ 2016年1月23日~27日
    http://www.slas2016.org/
    弊社ブース: San Diego convention center 646
    ■第7回 日本安全性薬理研究会@東京大学弥生講堂 2016年2月19日~20日
    http://j-sps.org/

    弊社ブース:弥生講堂内
    ■第55回 Society of Toxicology Annual Meeting and ToxExpo@ニューオーリンズ 2016年3月13日~17日
    http://www.toxicology.org/events/am/AM2016/index.asp
    弊社ブース:Ernest N. Morial Convention Center 1822
    ※ランチョンセミナーを開催いたします http://www.toxicology.org/events/am/AM2016/
    exhibit_hostsess.asp#tues

    The Next Generation of Cardiomyocyte Contractility, Cell Migration, and Cell Viability Assays using the Sony SI8000 Live Cell Imaging Platform
    2016年3月15日 12:00 PM-13:00
    PM Room Assignment: 205
  • 2015年12月2日 CSAHi の論文が、Journal of Pharmacological and Toxicological Methods に受理されました。
  • 2015年11月27日 2015年第6回スクリーニング学研究会のワークショップ“iPS細胞の利用”にて、CSAHi活動の成果を発表します。
  • 2015年11月6日 セルラー・ダイナミックス・インターナショナル・ジャパン株式会社が協賛企業に加わりました。
  • 2015年9月28日
    ~10月1日
    15th Annual Meeting of Safety Pharmacology Society にてCSAHi活動の成果を6演題ポスター発表しました。うち1演題は、大会委員により口頭発表演題にも選出されました。
  • 2015年8月21日 CSAHiの活動状況が、薬事日報の1面トップで報じられました。一部公開ウェブページでもご覧になれます。
  • 2015年8月21日 ソニー株式会社からソニーセルモーションイメージングシステムSI8000の学会出展情報があります。

    ■第15回 Safety Pharmacology Society学術総会@プラハ、チェコ共和国
    2015年9月28日~10月1日
    http://www.safetypharmacology.org/am2015/
    弊社ブース:Prague Congress Centre #29
  • 2015年6月27日 第42回日本毒性学会学術年会でCSAHi活動成果を紹介するシンポジウムを開催し,ポスター発表(7演題)を行います。
    日程:2015年6月29日(月)~7月1日(水)
    会場:石川県立音楽堂、金沢市アートホール、ホテル日航金沢

    シンポジウム 『ヒトiPS細胞技術の薬剤安全性評価応用に向けた研究動向』
    6月29日(月) 9:30 - 12:00 第2会場 座長:宮本 憲優1, 2, 3
    (1日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会,2ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム (CSAHi), 3エーザイ株式会社)    関野 祐子(国立医薬品食品衛生研究所 薬理部)
    S1-1 ヒトiPS細胞応用安全性コンソーシアム活動と世界動向、及び国際連携
    9:30 - 9:40 ○宮本 憲優1, 2, 3
    (1日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会,2ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム (CSAHi),3エーザイ株式会社) S1-2 ヒトiPS/ES細胞技術を駆使した心毒性評価(2014年度の進捗)
    9:40 - 10:00 ○高砂 浄1, 2, 3
    (1日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会,2ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム (CSAHi),3第一三共株式会社) S1-3 薬物代謝・毒性評価に必要なヒトiPS細胞由来肝細胞の機能と性状
    10:00 - 10:20 ○荒木 徹朗1, 2, 3, ○井上 智彰1, 2, 4
    (1日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会, 2ヒトiPS 細胞応用安全性評価コンソーシアム (CSAHi),3旭化成ファーマ株式会社 医薬研究センター 安全性・動態研究部, 4中外製薬株式会社 研究本部 安全性研究部) S1-4 ヒトiPS細胞由来神経細胞の安全性評価応用に関する基礎的検討
    10:20 - 10:40 ○板野 泰弘1, 2, 3
    (1日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会,2ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム (CSAHi),
    3帝人ファーマ株式会社)
    S1-5 ヒトiPS 細胞由来肝、神経及び心筋細胞の網羅的遺伝子発現プロファイル
    10:40 - 11:00 ○篠澤 忠紘1, 2, 3
    (1日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会,2ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム(CSAHi),
    3武田薬品工業株式会社)
    S1-6 ヒトiPS 心筋細胞を利用した催不整脈性リスク評価とICHS7B改訂に関する国際動向について
    11:00 - 11:20 ○関野 祐子, 諫田 泰成(国立医薬品食品衛生研究所薬理部)
    S1-7 The comprehensive in vitro proarrhythmia assay (CiPA) paradigm: Role of the cardiomyocyte.
    11:20 - 11:40 Jennifer PIERSON1, ○Jiwen ZHANG2 (1ILSI Health and Environmental Sciences Institute, USA, 2GE Healthcare, USA)
    総合討論
    11:40 - 12:00
  • 2015年6月19日 ソニー株式会社からソニーセルモーションイメージングシステムSI8000の学会出展情報があります。

    CYTO2015
    2015/6/26-30 @ Glasgow, Scotland
    弊社ブース:Scottish Exhbition and Conference Centre #205
    (at front right of convention center)

    ISSCR2015
    2015/6/24-27@Stockholm, Sweden
    弊社ブース:#B1024(Centrally located)

    第42回日本毒性学会学術年会
    日程:2015年6月29日(月)~7月1日(水)
    会場:石川県立音楽堂、金沢市アートホール、ホテル日航金沢
    大会長:鍛冶 利幸(東京理科大学薬学部 教授)
    展示:ホテル日航金沢 4F 鶴の間前ホワイエにて
  • 2015年6月19日 CSAHi運営規約が改定されました。
  • 2015年4月28日 ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム (CSAHI)、Japan iPS Cardiac Safety Assessment (JiCSA) 及び 日本安全性薬理研究会 (JSPS) の共同執筆論文が公開されました。

    K. Asakura et al., "Improvement of acquisition and analysis methods in multi-electrode array experiments with iPS cell-derived cardiomyocytes." J Pharmacol Toxicol Methods, 2015, Apr 21.
  • 2015年3月25日 3月16日 CSAHi 全体会議を開催しました。
  • 2015年3月3日 株式会社日立ハイテクノロジーズが協賛企業に加わりました。
  • 2015年1月20日 【BS日テレ】製薬協提供 医療情報番組『医新薬新 夢のメディ神殿 2015スペシャル』でコンソーシアムが紹介されます。
    放送局、放送日時:BS日テレ 毎週土曜日 午前8:30~9:00 全4回の第3話での紹介予定です。 ・第1話:『難病の克服に向けて』 …1月10日(土) 再放送:2月7日(土) ・第2話:『アンメット・メディカル・ニーズ克服への挑戦』 …1月17日(土) 再放送:2月14日(土) ・第3話:『医療と薬のイノベーション』 …1月24日(土) 再放送:2月21日(土) ・第4話:『製薬産業の貢献と挑戦』 …1月31日(土) 再放送:2月28日(土)
  • 2015年1月16日 ソニー株式会社 下記学会にてiPS関連機器情報に関わり出展予定です。
    日本安全性薬理研究会 第6回学術集会 2015年2月20日(金)・21日(土)
    日本再生医療学会 第14回総会 2015年3月19日(木)~21日(土)
  • 2014年12月8日Cellartis 製品 販売開始のご案内(タカラバイオ株式会社)
  • 2014年12月9日第11回医薬品レギュラトリーサイエンスフォーラム「ヒトiPS細胞を利用した安全性薬理試験法の実現に向けて」で、コンソーシアム活動を紹介しました。
  • 2014年11月7日日本経済新聞で、コンソーシアム活動が紹介されました。
  • 2014年10月30日CBI学会2014年大会フォーカストセッションにて、ヒトiPS細胞誘導分化細胞を用いた安全性評価における課題に関する意見・情報交換会を開催しました。
  • 2014年10月28日CBI学会2014年大会シンポジウム“ヒトiPS細胞”にて、コンソーシム活動紹介を行いました。
  • 2014年9月24日、25日、29日化学工業日報にて、コンソーシアム活動が連載で紹介されました。
  • 2014年9月23日国際神経化学会サテライトシンポジウムにて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2014年9月4日“ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム”第3回全体会合を開催しました。
  • 2014年7月30日第9回九州薬科学連合合宿にて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2014年7月14日iPSビジネス協議会にて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2014年7月2日第41回日本毒性学会学術年会にて、ワークショップ“ヒトiPS 由来分化細胞を用いた安全性評価への期待”を開催しました。
  • 2014年4月10日CPhI Japan 2014にて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2014年2月10日“ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム”第2回全体会合を開催しました。
  • 2014年5月16日第21回HAB研究機構学術年会シンポジウムにて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2014年3月20日第87回日本薬理学会年会の日本薬理学会・日本毒性学会合同シンポジウムにて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2014年3月6日BioGarageにて、コンソーシアム活動が紹介されました。
  • 2014年1月16日、17日、18日第7回 武田科学振興財団薬科学シンポジウムにて、コンソーシアム活動紹介のポスター発表を行いました。
  • 2013年11月25日細胞アッセイ研究会主催シンポジウム“細胞アッセイ技術の現状と将来”にて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2013年9月26日リスファクスにて、コンソーシアム活動が紹介されました。
  • 2013年9月7日レギュラトリサイエンス学会第3回学術大会シンポジウムにて、コンソーシアム活動紹介を行いました。
  • 2013年7月16日化学工業日報にて、コンソーシアム設立が紹介されました。
  • 2013年7月11日日本経済新聞にて、コンソーシアム設立が紹介されました。
  • 2013年7月8日“ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム”発足会を開催しました。
  • 2013年5月28日“ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム”設立説明会を開催しました。
会員専用 ログイン
  • Japan iPS Cardiac Safety Assessment (JiCSA)
  • スコットランド国際開発庁からのご紹介
Page Top